☆編集局注目記事はこちら☆

※応募締切 【滋賀県】(令和4年度ラムサールびわっこ大使|22/05)

内容:
湿地の保存に関する「ラムサール条約」に登録された、国際的にも重要な湿地・琵琶湖。
滋賀県では、その琵琶湖の自然や文化を将来にわたって引き継ぐため、「びわっこ大使」事業を通して、湖国の未来を担う次世代リーダー育成に取り組んでいます。
このたび、令和4年度「ラムサールびわっこ大使」を募集します。
備考:
■募集:令和4年度「ラムサールびわっこ大使」
■活動内容:
1.事前学習会(全3回程度)
2.県外派遣(2泊3日程度)
3.びわっこ大使世代間交流プログラム(これまでのびわっこ大使の先輩たちとの交流を行います。)
4.活動報告会
※このほか、近隣府県内での会議・大会への参加・発表がある場合があります。
■対象:滋賀県内に在住する小学校5年生または6年生
■定員:10名程度(審査会による書類選考で決定します)
■費用等:
1.全プログラム共通
参加者の自宅~集合場所(県内)までの往復交通費
2.県外派遣
参加者の自宅~集合場所までの往復交通費、会場までの交通費の半額、参加者個人の準備にかかる費用
※プログラムによってはこの他、昼食代などがかかる場合があります。詳しくは大使任命後、保護者説明会にてご説明いたします。
■応募:
次に掲げる書類を郵送または持参にてお申し込みください。
・応募用紙
・環境に関する活動を行っている写真3枚まで(裏に写真の説明を記載してください。)
・作文(3つの内容について、800字程度になるようまとめて提出してください。)
アあなたの行っている環境に関する活動
イあなたの知っている水辺について(水辺の様子、生き物について、人との関わり等)
ウあなたが今後取り組みたい環境に関する活動
■応募締切:令和4年5月25日(水)17:00必着
■申込方法その他:詳細=下記URLリンク先HP参照
■注意事項:プログラムには調理実習や、漁船への乗船、県外での宿泊を伴う活動などが含まれます。重篤なアレルギーや健康面でのご不安がある場合は事前に事務局にご相談いただき、応募前に十分なご検討をお願いします(過去のプログラムは、ページ下部よりご覧いただけますのでご参考下さい。)
URL:
https://www.pref.shiga.lg.jp/ippan/kankyoshizen/hozen/14004.html

※急遽中止、内容変更、費用が必要な体験もあります。詳細は運営元HPをよくご確認ください。
※終了・締め切ったイベントは参考情報として掲載します
※条件により「ふるさと納税」返礼品対象外となる場合があります。詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました