☆編集局注目記事はこちら☆

「ふるさと納税」あるある…1(利用者数)

”体験”つながりということで、”体験型”の「ふるさと納税」を特集している「体験募集.com」ですが、どうせならもう少し「ふるさと納税」のこと勉強してみよう!…ということで、調べてみました。
第2回はこちら

「ふるさと納税」利用者数って?

日本全国自分が好きな自治体の応援して、お礼の「返礼品」までもらえちゃう!
そんな、魅力的な「ふるさと納税」制度ですが、どれくらい利用されているんだろう…
そう思って調べたら、つぎのようなデータが公開されていました。

「ふるさと納税に関する現況調査結果の概要」

出典:総務省 20/08/05 https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01zeimu04_02000093.html

それによると、令和2年の、ふるさと納税に係る住民税控除適用者数は約406万人でした。
これって多いのか、少ないのか…

ちなみに令和2年1月時点で日本の総人口は1億2602万人。

『【2020年(令和2年)1月1日現在(概算値)】
<総人口> 1億2602万人で,前年同月に比べ減少』

出典:総務省:人口推計 20/01 https://www.stat.go.jp/data/jinsui/pdf/202001.pdf

でも、「ふるさと納税」は、そもそも納税していない人間には関係ない制度です。

総人口ではなく、日本の納税者って、どれくらいいるんだろう…
こちらもすぐに、公開データ(民間が対象)が見つかりました。

「令和元年分民間給与実態統計調査結果について」

出典:国税庁 20/09 https://www.nta.go.jp/information/release/kokuzeicho/2020/minkan/pdf/2019chosakekka.pdf

上記データによれば、源泉徴収により所得税を納税している者は 4,460万人。

まとめると、こんな感じ。
2019年源泉徴収による所得税納税者:4,460万人
2020年ふるさと納税に係る住民税控除適用者数:約406万人

この2つの数字だけ見れば、「ふるさと納税」制度の利用者は、所得税納税者数のざっくり1/10程度。

これをお読みの、「そういえば、ふるさと納税やったことないなあ」と思われた方。
この機会にぜひ、ご検討されてはいかがでしょうか。
そこには、楽しそうな”体験”が待っているはずです…

※コラム第2回はこちら

※「ふるさと納税」特集
全国版北海道・東北中部関東近畿中国四国九州・沖縄


☆PR☆
土佐町さめうら観光協会
土佐さめうら観光協会
ふるさと納税」参考記事内容
総務省「ふるさと納税ポータルサイト」
体験募集.com特集ふるさと納税【体験型】
体験募集.com記事ふるさと納税【検索上位リスト:2020年度】

タイトルとURLをコピーしました